Entries

vol.75吉野杉の樽酒 雄町 山廃純米(奈良)

新年のお雑煮会でお出ししたお酒です。
お正月に樽酒を何銘柄か頂きましたがこちらが一番でした。

純米で樽酒を造るのは難しいそうで、
こちらは何年も試行錯誤のすえ、
備前雄町の山廃のスペックで成功された例です。

樽材には、樹齢80年の吉野杉で最高級の
甲付(こうつけ)と呼ばれる赤い部分と白い部分の境目だけが使用され、
樽添師がついて香り付けが調整されています。

本来樽酒がこんなに繊細な造りの日本酒だとは知りませんでした。

酒蔵に吊るされている杉玉が、やはり御神木である吉野杉が本来であるように
吉野杉の樽酒は、お祝い事にふさわしいお酒ですね。
改めて、樽酒の真価を知ることができました。

20140306たるさけ

背筋が伸びるような、清々しい香りが素晴らしいです。
味わいはまさに芳醇辛口。

山廃ながら、繊細な香りを生かして45度くらいのぬる燗で頂くのがいい。

お正月らしい伊達巻きなどど合うかなとイメージしましたがあわず、
スッキリ辛口ですので、ちりめん山椒や新巻鮭などとあいました。
塩気のある新巻鮭とのマリアージュに、この酒が繊細なだけではなく
山廃ながらの深みを湛えていることに気づかされました。

樽酒は素晴らしい日本酒造りの極みですね。

お気に入り度:★★★★★

ラベルより
『吉野杉の樽酒 雄町山廃純米』 
酒樽材として最高といわれる、樹齢80年の「吉野杉」の甲付材のみ使用した樽に雄町米を100%使って醸し上げた「山廃純米酒」を樽添えさせ、米の旨味と樽香のバランスが絶妙で燗にしてさらに旨さが際立つ樽酒に仕上げました。旬のお料理一緒にお楽しみ頂きたい樽酒です。
●蔵元:長瀧酒造(株)(奈良県北葛城郡) 
●特定名称、造り:山廃純米 ●酒造年度:H24    
●酒米:備前雄町100% ●精米歩合:68%
●アルコール度数:14~15度 
●甘辛、濃淡度:やや辛口、濃醇
●おいしい召しあがり方:冷酒○、常温◎、ぬる燗○、熱燗◎
●料理との相性:しっかりとした味付けのお料理とよく合います。
0745-56-2026
http://www.choryo.jp

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年37回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム