Entries

vol.53群馬泉 淡緑 山廃純米吟醸 (群馬)

人形町釉月さんで出会い
惚れ込んで取り寄せたのでした。
あのときはお燗酒だったっけ。

あらためて呑んでみると口切りは糠っぽく
あのときの印象よりも香りがたって繊細な感じ。

酒呑みの先輩も、あ~あれ
好みじゃないなといった反応。。

が、が、一升瓶を呑みすすめるうちに
やっぱり惚れてしまいました。
自然にこのお酒に手がのびました。
出会いのインスピレーションってやっぱりあたりますね。

20131101淡緑

山廃の風味は控えめですが、梨のようなフルーティーで上品な香りが立ち
一見繊細な印象で、口当たりは硬め。
辛味の刺激はあり、綺麗な酸に上品な甘味旨味は堅実で、キレもある。
僅かながらの苦味がたち、旨味の余韻がのびる。
呑みこんでいくと段々にしっかりした酒質であることがわかる。

若水というほんのりとした甘味をたたせる酒米に
群馬2号というどちらかというとカプロン酸エチル高生産の酵母を使いながら、
この懐の深い酒を醸すあたり、さすが伝統ある山廃蔵ならではの山廃仕込みと納得させられる。

酒器は綺麗な酸を生かすものを選びたい。

お燗酒(50度あたりかな)もいいけれど
冷酒で楽しめる山廃酒といったあたりを満喫したいところ。

基本的に食中で十分通用すると思うけれど、少し調整するとなおいいと思う。
山廃あわせで、蒲焼き(淡白な白身魚)や南蛮酢漬けはあうようだったけれど、
生筋子の味噌漬けやクリームチーズでは少し強すぎるようだった。
かといってトマトや野菜の煮びたし糠漬けのようなものでは力不足。

こんなに好きになってしまうなんて、わからないものです。
毎年5月に少量出荷の限定酒ですが、秋口にちょうど呑み頃のようです。

お気に入り度:★★★★★

ラベルより
『群馬泉 淡緑(うすみどり)』 
●蔵元:島岡酒造(株)(群馬県太田市) 
●特定名称、造り:山廃純米吟醸  ●酒造年度:H24 
●酒米:群馬若水_精米歩合50%、 ●使用酵母:群馬2号(G-2)  
●アルコール度数:15~16度  ●日本酒度:+3.0  ●酸度:1.6

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年59回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム