Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.32 山和 特別純米中取り原酒(宮城)

つくずく思うんです。違う造りの日本酒は比べちゃいけないって。
目指す味わいは全く異なるはずなのですから。

このお酒はアルコール感たっぷりの原酒。
火入れをしない生原酒は流行ですが、
同じ原酒でもまったく違う味わいのお酒。
スピリッツのようにピリピリとした辛味刺激感が楽しいのです。

朦朧としがちな夏酒に原酒とは心にくいですね。

20130721山和

口切りは、アルコールの辛味がくるものの口当たりは柔らかい。
そのまんまの印象で収斂されていく感じ。
ふっと落ち着く甘味と舌上の辛味を残してフィニッシュします。

原酒なので味わいとしては単調、だけれども
おつまみ合わせで七変化するので意外と楽しかった。

あうかなと思ったかぼちゃ天はアルコールの甘味とかぼちゃの甘味が喧嘩してあわず。
柚子胡椒風味とは辛味が同調。
マグロの漬けとはアルコールのとんがった感じを受け止めてあげる感じでいい感じ。
葉生姜味噌添えとはその辛味と新芽のナッティな感じがよく合った。
オランデーヌソースのバター風味ともよくあう。

しかしなんといってもよくあったのはローストビーフ(モモ部位)、
牛肉の渋みでお酒がまろやかに変身、これはマリアージュだった。

その他、砂肝のソース煮のウスターソースの酸味や、梅ぼしの酸味ともあわず、
イブリガッコはガッコが負けてつまらなくなってしまった。

酒味会では、酸味のないドライフルーツ(干し柿等)とあうのではとのコメントも頂き、
原酒あわせの新境地がひらけました。

お気に入り度:★★★

ラベルより
『山和 特別純米中取り原酒』 
●蔵元:山和酒造(宮城県加美町) 
●特定名称、造り:特別純米 中取り 原酒  ●酒造年度:H24 
●酒米:蔵の華_精米歩合:60%   
●アルコール度数:17度以上18度未満 ●日本酒度:+3  ●酸度:1.8 ●アミノ酸度:1.2
おすすめの 飲み方:「冷や又はロック(氷一つで)」

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎和歌山県有田市 伊藤農園
ドライ不知火
◎三重県尾鷲市 錦花堂本舗
菓子'虎の巻'
◎三重県尾鷲市 尾鷲金盛丸
まぐろの角煮

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年93回目/目標100回)

❀酒味会vol.24
~地図から呑む!(和歌山県)
開催しました!(2017/8/19)
次回は秋に!

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。