Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.28 森の翠 純米大吟醸 H12年BY(愛媛)

SAKELIFEさんより送って頂いた長期熟成酒です。
極上の長期熟成酒経験値、SAKELIFEさんのおかげで随分あがりました。
これはそのうちの1本です。ていうかこれは2本堪能しました。

愛媛の地酒はその仕込み水による印象が大きいのではと思うのですが、
このお酒は最近では珍しい山の河川の水で仕込まれたものです。

蔵はすでに廃業されていますので、まさに幻に1本です。

20130703森の翠

さて口切りは、熟成香高く、ボリュームがあります。
口当たりが硬いのは仕込みの水質によるものでしょう。
しっかりした甘味酸味ですが旨味が控えめなのは
熟成酒の酒質(甘味酸味苦味成分は高まるが旨味成分はは逆に落ちる)なのでしょう。
しかしながら旨味の余韻はしっかりのび、キレも健在です。

お酒だけよりもおつまみで化けました。
取り分けブリヤ・サバラン・ア・ラ・パパイヤ(デザートクリームチーズ)とは
余韻において感動のマリアジューを感じさせてくれました。
これで随分楽しみました。

その他、酸味つながりで
青梅の甘露煮、トマトの甘酢漬けなどとよくあいました、
お酒が爽やかに感じられます。

羊のミルクから製造されるペコリーノチーズ@トスカーナとも
ミルクの甘旨味の同調でしょうか、微かに感じられるパイナップルの風味の酸味からでしょうか、
よくあうようでした。

熟成酒とはいってもブルーチーズとはあわないようでした。

ぐっと冷ました燗冷ましで頂くのが角がとれて好きでしたが、
冷酒でまんまの風味を感じるのもまた美味しく感じられました。
肌寒い季節には熱燗もいけました。

開栓から四カ月かけて大事に頂きました。名残り惜しいです。

ラベルより
『森の翠 純米大吟醸 入魂の酒』  
純良の米を真珠のように高精白し、伝統の技で醸し上げた清酒の芸術品。
●蔵元:篠永酒造株式会社(愛媛県伊予三島市) 
●特定名称、造り:純米大吟醸 無濾過生原酒 袋吊り斗瓶囲い(斗瓶のまま熟成)  ●酒造年度:H12 
●酒米:松山三井、精米歩合:50%  
●アルコール度数:17度以上18度未満 ●日本酒度:+2.5  ●酸度:1.4  ← 左記スペックは酒造時の数値です。

篠永酒造はH21年に廃業されていますが、
四国初の女性杜氏いくこさんがいた事でも有名な蔵です。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎和歌山県有田市 伊藤農園
ドライ不知火
◎三重県尾鷲市 錦花堂本舗
菓子'虎の巻'
◎三重県尾鷲市 尾鷲金盛丸
まぐろの角煮

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年93回目/目標100回)

❀酒味会vol.24
~地図から呑む!(和歌山県)
開催しました!(2017/8/19)
次回は秋に!

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。