Entries

vol.20 大治郎 迷酒(まよいみず) 純米吟醸 生酒 (滋賀)

今春のdanchu日本酒まつり2013で
肉ならこれ、と横浜君嶋屋さんに教えて頂いて
持ち帰った1本でした。

「大治郎」は創業者の名前で、
杜氏を務める御子息の名前でもあるそうです。

迷酒(まよいみず)とは意味深、
ちなみに純米はよび酒(みず)だそうです。

20130604大治郎

さて口切りは、ふくよかな香りが立ち、やわらかい口当たり。
吟醸にしてはしっかりした味わいだけれど、甘味旨味よりもキュンとした酸が印象に残る。
想像していた濃醇さは感じられない。

たしかになんとなく野性味が感じられないわけではないけれど
お肉にあうのかしらん、というのが率直な感想でした。

迷酒(まよいみず)に迷走したのはまずは燗温、
冷酒、室温、ぬる燗、燗冷ましとやってみてぴんとこない。
熱燗がいい!ことに気がついたのは開栓から二月もたってからだった。
純米吟醸 生 だからといって甘くみてはいけませんね。

お料理あわせも予感的中で迷走、

豚バラブロック和風煮込み おぼろ昆布トッピング 
は一瞬あったかなと思ったけれどやっぱりピンとこず、

ビフカツレツならと意気込んだけれど全然。

鶏肉の南蛮酢漬けとは、酸味が同調したためかかろうじてかみあったけれど、
想像していたお肉あわせのマリアージュを感じることはできませんでした。

たまたまあわせた、ほうれん草と焼き椎茸の海苔風味ひたしとは、
ひなびた焼き椎茸の風味とよくあい、

癖のあるゴーダチーズ3年熟成ともよくあったので、
控えめな野性味はこのあたりとあうのかなとなんとなく納得したりして。

その他、本モロコの炙り、白身魚のムニエルくるみオイルソース、ポテトサラダ
とはあいませんでした。

ホタルイカの塩辛には酸味つながりでスダチを絞ってあわせてみたけれど、
かえって酸味が喧嘩をしてあわず、普通のイカの塩辛とは塩気があうようでした。

二カ月ほどかけてのみ切りましたが、結局あまりわからないまま終わってしまった感じ。
純米よび酒(みず)のほうがイメージ通りだったかな。

それとももっと熟成させてからのめばよかったのかな。

ラベルより
『大治郎 迷酒(まよいみず) 情熱純米吟醸 山田錦 生酒』  
●蔵元:畑酒造有限会社(滋賀県東近江市) 
●特定名称、造り:純米吟醸 生酒  ●酒造年度:H21 
●原料米:滋賀県産山田錦-精米歩合55%   ●酵母:9号
酒米生産者:呑百笑の会 
●アルコール度: 17.5% ●日本酒度:+4.5  ●酸度:2.0
【要冷蔵】

情熱シリーズは、「無名でも質がよく旨い酒」「生産者の顔が見える酒」という
横浜君嶋屋のコンセプトを応援する蔵元が、1トン以下の仕込みで提供している限定酒です。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年59回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム