Entries

vol.13- 仙禽 若水50 初槽中取り(栃木)

仙禽にマヨネーズがあうという話を耳にして、ためしてみたいと思っていました。

洋風の料理にも合うよう酸味を効かせ、甘味を出すことによりバランスを取り、
酸味と甘味のマリアージュを追及したお酒造りをされています。

革新的なこころみをされているので新しい蔵元さんかと思いきや、江戸時代後期から続く老舗です。
仙禽(せんきん)は仙人に仕える鳥「鶴」を表し、蔵名として代々受け継がれてきています。
そういえば、ラベルには鶴が飛んでいるかのようですね。

20130504せんきん

さて口切りは、フルーティーで爽やかな香りのなかにふくよかさも感じられます。
口に含むと甘酸っぱくてなんともキュートな味わい。口当たりはやや硬いです。
旨味の余韻はのびませんが、キレよくすいすいのめてしまう感じで、
アルコール度数ほどのボリューム感はありません。

早速ポテトサラダをあわせてみましたが、残念×、
じゃがいもやゆで卵の旨味がかえって邪魔をする感じです。
ダイレクトにマヨネーズをなめたほうがあいました。

チキンのトマト煮込みには酸味甘味が同調して○。
つけあわせのズッキーニのわさびマヨ和えも、こんどはマヨネーズダイレクトな感じが○。

酸味でも、うるいの酢味噌和えは×。

きんき一夜干しのような酒肴も×。

なるほど、洋風な料理があいそうです。

口切りから2週間ほどで呑み切りましたが
7日目あたりで気が抜けたようになっていましたので
開栓後は早めに召しあがったほうがいいようです。
冷酒でのんでいました。

ラベルより
『仙禽 若水50 初槽(はつぶね)直汲み・中取り 無濾過生原酒』   
●蔵元:株式会社せんきん(栃木県さくら市) 
●特定名称、造り:非表示  ●酒造年度:H24 
●原料米:若水100%-精米50%
●アルコール度: 17~18% 
要冷蔵

こちらの蔵元さんは、2011年より特定名称の表記を止められています。
同じ精米歩合でも蔵元さんによって名称はさまざま。
どんなお米をどれだけ磨いたかを表記するだけで十分というお考えからです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年37回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム