Entries

vol.7- 王禄 超辛純米 (島根)

酒味会で、お刺身を柑橘塩で頂くようにあわせたのがこの王禄超辛純米でした。
最初はサンデシ瓶で試し、次にこの春季限定を職場近くの鈴木三河屋で購入しました。
ところがあわなかったのです。直前にあせりました。

王禄という酒名の由来は、「酒は天の美禄である」という中国の古い諺から、
美禄の中で王者の風格を持つ酒でありたいという願いが込められてるそう。

20130401王禄

口切りはその銘の通り辛口ながらも旨味の余韻がのび、柑橘のニュアンスを感じました。
いずれも口あたりはやや硬く、春季限定のほうはふわっとする感じがおもしろかった。

まずはサンデシ瓶で、ヤリイカのお刺身をレモン塩であわせてみましたがよくあうようでした。
レモン塩だけだとレモンスカッシュのようでした。

柑橘抜きで、鯛のお刺身を塩であわせてみましたが、
お酒に柑橘のニュアンスがあるのでそのまま美味しく頂けました。

梅干しともお酒がまろやかになっていい感じでした。

酸味があうならと、イイダコのトマト煮をあわせてみましたが、
トマトソースの甘味が邪魔をしてお酒が苦くなってしまいました。

ホタテ風味のポテトサラダをあわせると、今度は旨味の余韻が同調していい感じでした。
けれどもオニオンチップストッピングのポテサラとはお酒のニュアンスが消されてしまうようでした。
意外と繊細なのだなと思いました。

ということで、お刺身を柑橘塩で頂くには問題なかろうと会の前夜、
春季限定酒を開栓するも、その朝築地で仕入れてきたマカジキ、シマアジとあいません、渋味がでる。。
塩もあいません。あせりましたが何とかストックしてあった他のお酒でリカバリました。

シマアジのあらで潮汁を作ってあわせてみるもこれもダメ。

キレがあるのならと海藻とキュウリの酢のものをあわせてみるもあわず。

脂落としをしてくれるかなと豚バラブロックの和風煮込みをあわせてみるも、接点なし。

最後の最後、タラの大葉酒蒸しをあわせてみるとこれはよくあうようで嬉しかったです。
お酒の青いニュアンスが大葉とマリアージュし、タラの臭みも消えてとても美味しく頂けました。
酒蒸しのお酒はこのお酒を使いました。

それからお野菜(アスパラ、プチトマト、舞茸)の天ぷらでも美味しく頂けました。
塩で頂きましたが大丈夫でした。お野菜とあうのか。

最後はこの二品でぐびぐびと美味しく飲みきることができました。
3週間かけてのことでしたが、風味はそこなわれませんでした。

ラベルより
『王禄 超辛純米 無濾過生原酒 春季限定酒 仕込み第13号』 
●蔵元:王禄酒造(有)(島根県東出雲町) 
●特定名称、造り:純米 無濾過生原酒  ●酒造年度:H23 
●原料米:国産米-精米60%
●アルコール度: 17度以上18%未満
●日本酒度:+9.9、酸度:2.4、
●仕込み水:自然湧水 通称「黄金井戸」
●杜氏:石原丈径
限定本数270本
要冷蔵 必ず冷蔵庫に保管して下さい

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年59回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム