Entries

4/7築地土曜会

あっという間に2週間たってしまいました。
今回のテーマは貝でした。

場内でのお買いものでは
こーんな巨大赤貝(長崎産)をゲットされた先輩
500gはあったそうですスゴイ

201204107土曜会赤貝

さて今回は、
ホンビノスガイ(本美之主貝、マルスダレガイ科)の発見者である
千葉県立博物館の黒住耐二先生を講師にお招きして
お話を伺うことができました。

ホンビノスガイはこちら
白ハマグリと呼ばれて出荷されていた時期もあるそう。
古くはVenus属であったためにビーナス貝と呼ばれ、和名「ビノスガイ」が先にあっため
「本」をつけることになったそうです。

黒住先生がビノス貝とホンビノス貝を比べてみせてくださいました。
大きさは個体差かもしれませんが、ビノス貝は表面がザラザラしていますね。

2012041407土曜会ホンビノス
20120407土曜会ビノス

ホンビノス貝は、
1998年千葉県幕張人工海浜で発見され、1999年に京浜運河、2000年に千葉港、
2003年に船橋付近で発見され、以後東京湾内で繁殖している外来生物で、
2010年には国産ものとしてはアサリよりも多いことがり
最近では大阪湾でもみつかったそうです。

船舶のバラストタンク水(船底に積む重し)にまぎれて
にどこか外国から入って来たと言われています。

北アメリカ東岸では重要な食用二枚貝で
クラムチャウダーにしたり、生食で供することもあるそうです。

ちなみにクラム(英名)は二枚貝のことを意味し、
食用二枚貝といえば、オイスター、スカトップ(ホタテ)、ムール、
それ以外の二枚貝はみなクラムと呼ばれるのだそうです。
ですのでホンビノスもクラムというわけです。

会場で、ぼうすさんはこのホンビノスを刻んで
お味噌汁を供してくださいました。

20120407土曜会味噌汁調理

20120414土曜会貝の味噌汁

ホンビノスは刻むと味が出るそうで、
熱湯に入れて開かせてから刻み、
ゆで汁は濾してだし汁として使われていました。

ホンビノスの他に教えて頂いた貝はこちら、
手前右にサラガイ(白貝)、
手前左はミルクイ(ホンミル)、ナミガイ(シロミル)、
バカガイ(アオヤギ)、エゾボラ(マツブ)など、
向こうには東京湾のアサリ。

2012041407土曜会貝1
20120407土曜会貝2

サラガイはお刺身で食べさせて頂きましたが
美味しいと会場でとても好評でした。
ムニエルや野菜炒めもお薦めということで
是非今度ためしてみたいと思います。
ちなみにサラガイは二か所に貝柱があるそう。

20120407土曜会サラガイお刺身

黒住先生には、サラガイとアラスジサラガイとの見分けも教えて頂きました。
見るからにではありますが、表面がザラついているほうがアラスジなのです。

ちなみに富山ではこれを「マンジュウウガイ」「マンジュガイ(満珠貝)」
とも呼ばれているようですね。

20120407土曜会サラガイ見分け

ミルクイ(ホンミル)、ナミガイ(シロミル)は
ともにミル貝と呼ばれるものでもやはりホンミルが高級。

ホンミルは熱湯でさっと茹でて氷水にとり、水管を開いて頂きます。
ナミガイも熱湯茹でるのですが、ぼうずさんは水管を開いてから茹でていました。
しかもかなり長い時間。。ナミガイは白菜炒めが取り分け美味しいそうですよ。

エゾボラ(マツブ)については今回
アツエゾボラ(Bツブ)との見分けを教えて頂けて嬉しかったです。
マツブは螺肋(らろく、貝殻にある筋)があるのですね。
Bツブは筋は目立たないけれど肩ははっている。
お値段はBツブの方が安く、非常に硬い。安い方が硬いという訳ですね。

マツブは写真の位置にアイスピックで比較的簡単に穴をあけられ
フォークで簡単に身を取り出せるのです。
写真はBツブですが、ぼうすさんは上手にあけてしまいましたサスガデス。

20120407土曜会エゾボラ
20120407土曜会エゾボラむき


つぶ貝で有毒とされる唾液腺(テトラミン)について
教えて頂けたことも有難かったです。(写真の白いところ)
この日購入したヒメエゾボラにも唾液線があったので
安全に食することができました。

ぼうずさんのお話では、貝で問題になるのは毒化なんだそうです。
貝がプランクトンなどから毒を取り込んで濃縮するこれが問題。
貝毒の死亡率は高いといいますから、安全に食べる知識は持っていないとですね。

20120407土曜会唾液線

それから、つぶ貝は通常右巻きで、左巻きはコレクターアイテムだというお話や、
回転寿司でのツブはアニワバイが多く、このアニワバイこそ当方先日新潟の旅で
度々目にしていたツブ貝であることと判明して嬉しいです!新潟卸売市場では
しろばいと呼ばれていましたね。頭の白いチョンが目印。
→ ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑より『アニワバイ』

東京湾(江戸前)の浅利については、その模様の美しさを目の前にして
これだよねぇと思いました^^
青っぽい、黒スジ、黒と白の綺麗なまだらが目印。ころんとしています。

20120407土曜会江戸前浅蜊

その他、天然と養殖の違いはエサを与えているか否かで、
ホタテなどは特別なエサを与えてることは無いから味は同じなのではないか
というお話や、

トコブシは殻の一部が緑なのが養殖。養殖に対して地どり(天然)というということ。
ムニエルが美味しいこと。

アカニシガイはトルコ産が多いということ(これちょっとショック)。

タコは貝の仲間、カメノテやフジツボは蝦蟹の仲間だということ
などが面白かったです。当方ミネフジツボを貝だと思って購入していたのでしたトホホ;

20120407土曜会

土曜会を通じて知った、深遠なる貝の世界にすっかり魅了されていますね。

*Comment

貝が美味しい季節ですね 

かむさん、こんばんは!

わ~なんだか生物学の授業のよう。
興味深いお話ばっかりですね^^

やっぱりいろいろ知ってる方が、ただ漫然と食べてるだけより
ずっと有り難~く味わえて何倍も楽しめますね!

サラ貝って生でも大丈夫なんですね、一度食べてみたい!


それに冒頭の赤貝、すご~
親指姫もファミリーで住めそうな感じです。

今の時期はスーパーで買ったアサリでも身がぷくぷく♡
春から夏に旬を迎える貝って多いんでしょうか?

  • posted by くうねこ 
  • URL 
  • 2012.04/21 23:30分 
  • [Edit]

Re: 貝が美味しい季節ですね 

くうねこさん、こんばんは^^

> わ~なんだか生物学の授業のよう。
ほんとうですね。知人から渋いブログと言われたことがあります;

> 興味深いお話ばっかりですね^^
はい、たまりません^^

> やっぱりいろいろ知ってる方が、ただ漫然と食べてるだけより
> ずっと有り難~く味わえて何倍も楽しめますね!
はい、楽しいですね

> サラ貝って生でも大丈夫なんですね、一度食べてみたい!
是非是非おためしくださいませ美味しかったですよ
貝柱ふたつですので、あけるとき意識されるといいですね

> それに冒頭の赤貝、すご~
> 親指姫もファミリーで住めそうな感じです。
すごいですよねぇ
親指姫ファミリー想像しちゃいました^^

> 今の時期はスーパーで買ったアサリでも身がぷくぷく♡
> 春から夏に旬を迎える貝って多いんでしょうか?
そうですね美味しい時期ですね
アワビは夏、牡蠣は冬、シジミは夏冬といろいろありますね。
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2012.04/22 00:20分 
  • [Edit]

巨大赤貝 

こんばんは~(^^)
さすが、かむさん、
土曜会の記録、いつもながら見事ですね~
きっと、かむさんの学生時代のノートは完璧だったでしょうね!
その点、自分で書いたノートは、実は一冊もない私なのです~(^^i)
いまだにノートは全然ダメでして・・・

あ~脱線・・・、
いま長崎にいます。
今朝方、仕事前にひとっ走り鮮魚店へ
鮮魚店回りは大ハズレだったのですが、
まだ開店準備中の銅座市場の脇の魚屋に、
あの巨大赤貝が水槽にゴロゴロ沢山ありました!
やっぱり長崎には、巨大赤貝が沢山いるんだ~と思いました。。
他には、
うちわ海老やテングニシ、大きなクルマエビ等もありました。
  • posted by あらい@長崎 
  • URL 
  • 2012.04/25 20:29分 
  • [Edit]

Re: 巨大赤貝 

あらいさん、長崎からありがとございます^^!

はい脱線脱線笑

そうですか、あの巨大赤貝はたまたまではないのですね
長崎は育ちやすい地形?海洋?なんですかね

>うちわ海老やテングニシ、大きなクルマエビ等もありました。
ニシ~そうなんですニシ貝のこともっと知りたくて
テングニシというのがあるんですね図鑑へ行ってきます♪
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2012.04/25 21:35分 
  • [Edit]

Re: Re: 巨大赤貝 

> 長崎は育ちやすい地形?海洋?なんですかね
築地の店では、雲仙の産だと言ってました。
柔らかい砂地なので育ち安いのだと言ってましたが。。。

> テングニシ
九州には多いですね!
博多の中央卸売市場には箱にゴロゴロ入ってましたし、
柳川市(有明海東岸)でも魚屋に沢山ありました。「ナガゲ」といいますが。。
「マルゲ」というのはアカニシのことです。
熊本の天草便でも普通にありますし、
今回、長崎でも見ましたから。。
(熊本や長崎では「コウガイ」というみたいです)
このテングニシには、例のテトラミンが入っているのがあるとの論文報告があるので、
食べる時は、念のため唾液腺は除去した方が無難かと思います。
  • posted by あらい@長崎 
  • URL 
  • 2012.04/25 22:16分 
  • [Edit]

Re: Re: Re: 巨大赤貝 

あらいさん
なるほど、柔らかい砂地でぬくぬくと育ったのでしょうか^^
わかりやすいです

テングニシ、図鑑で姿を見てきましたが
ニシ貝は貝肌に特徴があるなぁと思いました
布地のようだなぁと

> 「マルゲ」というのはアカニシのことです。
そうなんですか!

> このテングニシには、例のテトラミンが入っているのがあるとの論文報告があるので、
> 食べる時は、念のため唾液腺は除去した方が無難かと思います。
ありがとうございます助かります
また楽しみが増えました♪

備前ちらしも素晴らしかったです
お疲れ様でした^^!
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2012.04/25 23:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年37回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム