Entries

お年玉

おせちご馳走さまと
父より譲られた古本2冊

菓子折の包み紙がかけられていましたが

菓子紙

あけてみると
なんとまぁ綺麗な紺色に素敵な器の表紙
調べてみると本山荻舟は小説家で記者
食への造旨も深かったらしい

表紙

まえがき(開口)には
なかなかにくたらしい言いぶりですが
見聞を広げよはもっともなことで

開口

頁をめくると
『食ふことはまず第一と定家選(え)り』(古川柳)
となかなか面白そうです

古川柳

目次はこんな具合で
春のゾウニから書かれています

目次

東京の雑煮が主としてスマシなのは
武家ではミソをつけるのを忌んだとか
カズノコでは乾燥品の話もあったあった

昭和25年朝日新聞社発行で
当時90円

発行年

もう一冊はこれ

魚たちの風土記

お見通しなのだなぁ

*Comment

No title 

おはようございます。

『舌の虫干し』おもしろそう。
敗戦直後にこんなれんさいがあったんですね。

春編で68ページということは薄そうに見えますが250ページくらいあるんでしょうか?

ベラタってなんですか?
これだけわかりません。
  • posted by 庄助 
  • URL 
  • 2011.01/05 07:41分 
  • [Edit]

Re: No title 

庄助さん、こんばんは!

敗戦直後
そうですねぇ。。

最後「けんずい」まで
203頁でした

ベラタは
アナゴの稚魚のことを言っているようです。
のれそれのことですかね。

ぼうずさんの図鑑にも記載されていました↓
http://www.zukan-bouz.com/unagi/anago/anago.html

男子のくせに柔弱の青年のことを
べらた野郎などと軽蔑するとありますよ(笑)
カラシスミソにあえると清新な美味と発明(笑)
されて以来食味界お評判になったとあります。

楽しみに読もうと思います♪
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2011.01/05 19:56分 
  • [Edit]

No title 

ステキなお父様ですね!
本山荻舟・・・池波正太郎のエッセイに出てきたことがきっかけで、
著書を数冊持っていますがこれは初めて見ました。
今は魚を切り身で買うことが多いので「骨正月」は言葉だけしか知りませんでしたね。

> 庄助さん、岡山の魚屋でノレソレをベラタって名前で売ってましたよ。
  • posted by しょう 
  • URL 
  • 2011.01/05 20:20分 
  • [Edit]

素敵なお父様ですねぇ 

またカバーの包み紙がいい感じです。

最近はまたトラディショナルな古本屋さんが増えてきたようで
お気に入りの本をみつけに探検するのも楽しみです。

家の近所でずっとシャッターが閉まっていた二階建、
昨年冬から若いお嬢さんが「祖母がやっていた店を継いでみました。」と、古本なのに初々しく開店していたのは、ちょっといい気分です。
  • posted by 傘たて 
  • URL 
  • 2011.01/05 20:52分 
  • [Edit]

Re: No title 

しょうさん、こんばんはぁ

そうですか御存じでしたか^^

骨正月早速読んでみました
正月二十日、暮れに仕入れた食材を
整理することをいうのですね
それがまた旨いので歓迎されたと
北海道の郷土料理といわれる三平汁も
寄せ鍋なども郷土食であると同時に
他県でも昔からの無駄なし料理の手法で
祖先食であると

確かに魚でも鶏でも
さばかなければ骨正月はやってきませんね!

  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2011.01/05 21:13分 
  • [Edit]

Re: 素敵なお父様ですねぇ 

傘たてさん、こんばんは♪

包み紙をとっておきたがる父です(笑)

傘たてさんも書物がお好きそうですね^^

古本なのに初々しくって
ほのぼのしちゃいます♪
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2011.01/05 21:18分 
  • [Edit]

いまさらですが 

舌の虫干し、読んでみたいと思って近くの図書館に探求依頼していたのですが、
やっと結果が出てきて、都内には貸し出しできるものはなく、
貸し出ししていない都立中央図書館にだけありました。
amazonでは中古で5200円です。
スーパー源氏では1500円(やけあり)と3500円のものがみつかりましたが、
状態の良いものはかなり貴重だと思われます。
お目が高く、しみじみとした愛情ある、すばらしい父上ですね!
  • posted by のれそれ 
  • URL 
  • 2011.01/25 17:47分 
  • [Edit]

Re: いまさらですが 

のれそれさん

そうですか
お知らせくださってどうもありがとう♪
そういえばのれそれの記載もありました
男性でのれそれだと褒めてなさそうですが
女性ならばさしずめハンサムウーマン?!カナ

のれそれさんもお魚に夢中ですね^^
  • posted by かむ 
  • URL 
  • 2011.01/25 20:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:iamかむ
❀かむと申しますどうぞ宜しく
お気軽にお立ち寄り下さい♪
                     
❀東京は神田神保町生まれ
 日本橋人形町在住
 通勤 日比谷線神谷町
 雅子さま世代

❀最近の美味しい!
◎博多おぎはら鮮魚店
天然ヒラマサ
◎小倉旦過市場たちばなさん
じんだ煮辛口
◎紀州名物たな梅本店さんの
ごぼう巻き

❀続けていること
・酒肴さがしの旅
・日本酒愛好の会
・休日ジム通い
(2017年37回目/目標100回)

❀酒味会vol.23
~地図から呑む!(福岡県)
開催しました!(2017/3/25)
次回は夏に!

右サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム